HOME>新しい観光スポット>新しい観光スポット

板五米店がリニューアル

板橋区は、かつて旧中山道板橋宿として栄えたエリアでした。今でも商店街が残っていますが、その中にあった板五米店(いたごこめてん)が2019年12月に新しい観光スポットとしてリニューアルオープンしました。板五米店は、中山道板橋宿の中心部である仲宿商店街に立地します。建てられたのは1914年であり、築100年を超える板橋宿の面影を残す古商家です。大正時代に建てられたためかレンガ壁となっていて、洋風のデザインが近世町家の雰囲気を醸し出しています。しかし、圧倒的な存在感を放っていて、まるで歴史的建造物のようで見る人を惹きつけます。かつては米穀小売業として営業していましたが、いつしか店を閉じてしまい、それ以降は貸店舗として使われていました。しかし、板橋宿の面影を残す古商家は、非常に価値が高いということで、新しい観光資源として生かせないかということになったのです。そこで板五米店をリフォームして、日常に使えるカフェとして再生したのでした。もともと米屋であることから、おむすびを看板商品とするカフェにしました。このカフェを運営するのは、板橋宿不動通り商店街のコワーキングカフェのオーナーです。このオーナーは、仲宿商店街とタッグを組んで板五米店を再生しました。またこのカフェでは、日替わりおむすびやランチセット、スイーツなどを楽しむことができます。建物は2階建てで、1階はおにぎりカフェと案内所、2階は商店街ビューが楽しめる客席とワークショップスペースが設けられています(2020年2月時点)。

詳しく読む